縁なき衆生は度し難し

寄る年波には勝てないのか 最近 すべてに老いて 鈍くなったように感じる
先日 コンビニの駐車場で頭の悪い人から 車の駐車を めぐり難癖を付けられた
以前なら 自分でも驚くほど 雄弁に素敵な言掛かりで応酬するのだが ・・・・
いきなり噛む いかした台詞も見つからない
オークションでは 糞本を見抜けず 続けて 落札する
今日も 官憲が間抜け面して潜んでいるのに気付きながら 一時停止せずに 切符を切られる
・・・ 確実に頭の回転は 鈍くなっているなぁ ・・・ まぁ 老いと上手く付き合って行きすか ね

話し変わって長年探していた " 木下真由美 嬢 ・ FAIN " を 少し予算オーバーしたが落札
表紙の " FXS " との絡みが 1頁しかないのには 正直愕然とする

また " EIJI TSUBURAYA " と " 成田亨 ・ 怪獣と美術 " なる 気になる出版物を見つけ
検索エンジンで 調べると 現在も出版中とわかり 早速注文

" EIJI TSUBURAYA " は 洋書ならではの ポップで キャッチーな一冊だが
その筋の人は 手に取る事を憚るのでは無いでしょうか? 英文の内容は 多分その筋の人向きでも
手に取るのは お洒落な素人さん達の様な気がする お洒落な一冊

この本を 今まで知らなかったことを 恥ずかしく思います " 怪獣と美術 " 美術展の目録ですが
成田亨氏の作品だけでなく 高山良策氏 (怪獣造形) 池谷仙克氏 (怪獣デザイン) と内容も充実
掛け値なしに お勧めです!!


d0123370_2216393.jpg
d0123370_22165821.jpg


生きることの 苦しみさえ 消えると言うよ
旅立った人はいるが
あまりに遠い
どうしたら行けるのだろう
教えて欲しい

[PR]
by saddle-tramp | 2009-03-12 21:28 | 特撮・アニメ
<< 縁なき衆生は度し難し 縁なき衆生は度し難し >>